海外FXと国内FXの違いとは!?気になる特徴を徹底比較!

OUR NEWSLETTER (7)

当サイトを訪れてくださったということは、今まで国内FXをやってきた方も少なからず海外FXに乗り換えようかなと考えているのだと思います。

  • レバレッジ25倍じゃ物足りない
  • 必要な証拠金が高くて、全然ポジションを持てない
  • スリッページやリクオートが多すぎる

などなど、国内FXに不満や物足りなさを感じているのでしょう。

しかし、いざ海外FXに乗り換えようとすると「ハイレバって大丈夫?信託保全はあるの?」など様々な疑問が湧いてきて、なかなか乗り換えられないのも事実だと思います。

その感覚は正解です。業者選びは慎重に行うべきもので、納得いくまで迷って構いません。むしろ、迷わずに選ぶと痛い目を見たり、後悔することが多々ありますからね。

そこで今回は悩める皆さんの決断が少しでも楽になるように、海外FXと国内FXの特徴を徹底比較しました。

これを読んで両者の違いを理解した上で「海外FXに乗り換えるのか?国内FXを続けるべきなのか?」を一緒に検討していきましょう。

海外FXと国内FXのスペック比較表

海外FX 国内FX
レバレッジ  最大1,000倍(平均400~500倍)  最大25倍
追証  なし  あり
注文方式  NDD方式  OTC(DD)方式
約定力  高い  低い
スプレッド  広め  狭い
取引プラットフォーム  MT4  業者独自のプラットフォーム
ボーナス  豪華(入金額の10%~100%)  普通(キャンペーンによるが0~1万円ほど)
信託保全  基本的になし
(一部の業者ではあり)
 義務

FXを行う上で重要な項目を表にまとめてみました。まずはこれをしっかりとチェックしておいてください。

それでは1つ1つの項目について詳しく解説していきます。

レバレッジは海外FXの圧勝!少ない証拠金でも大胆なトレードが楽しめる!

レバレッジに関しては海外FXの圧勝です。

海外FXは最大1,000倍(平均400~500倍)ものレバレッジがかけられるのに比べて、国内FXでは最大25倍までしかレバレッジはかけられません。残念ながら国内では金融庁の規制が入ってしまいましたからね。

「レバレッジが高い=大きな利益が出せる」というイメージが強いですが、大きな利益が出せるという以外にも、レバレッジが高いことによるメリットはあります。

その最たるものが「少ない証拠金で大きなポジションを持てる」ということ。

海外FXのレバレッジ400倍と国内FXのレバレッジ25倍で比べてみましょう。

【例】ドル円(100円)で5,0000通貨のポジションを持つために必要な証拠金

  • レバレッジ25倍…200,000円
  • レバレッジ400倍…12,500円

その違いは一目瞭然ですね。海外FXのレバレッジ400倍だと国内FXの20分の1の証拠金で同じだけのポジションを持てることになります。

レバレッジが高ければ高いほど資金効率も良くなるので、存分に大胆な取引を楽しむことができます。

海外FXは少ない証拠金で高額取引が可能!レバレッジ400倍・888倍・1000倍!

海外FXは追証なし!有事の際でも借金を負う心配ゼロ!

ロスカットが正常に作動しないような有事の際でも海外FXなら安心。

国内FXと違い、海外FXにはマイナスになった残高をゼロ(0)に戻してくれる追証なしサービス「ゼロカットシステム」があります。

つまり、証拠金以上に損失を被らないので、ハイレバで大胆なトレードができるということ。まさにハイレバとゼロカットシステムは最強の矛と盾のような関係です。

一方、残念ながら国内FXでは追証(借金)が発生してしまいます。だから有事の際にはとんでもない額の借金を抱える方が大量に生まれることに…。

リスク回避という側面でも実は海外FXの方が優れているんですね。

海外FXの追証なし「ゼロカットシステム」で自己破産はありえない!?

透明性の高い海外FXのNDD方式、ブラックボックスな国内FXのOTC方式

nddsistem

ddsistem

海外FXと国内FXの大きな違いはレバレッジ倍率だけではありません。そもそもの注文方式が違います。

海外FXの注文方式はNDD(ノー・ディーリング・デスク)方式、国内FXの注文方式はOTC(DD)方式。

  • NDD方式…取引にディーラーの仲介がない
  • OTC方式…取引にディーラーの仲介が入る

簡単に2つの注文方式の違いを言うと「ディーラーの介入があるかどうか」です。

海外FXのNDD方式では、投資家のオーダーはFX業者を通すことなく、そのままカバー先へと流されます。業者は素通り料としてスプレッド(手数料)を貰って利益を上げる形。つまり、海外FX業者は投資家がFXで利益を出して、取引すればするほどスプレッドで儲かるということですね。

一方、国内FXのOTC方式では投資家のオーダーをFX業者が一旦決済してしまうのです。これが所謂「呑み」と呼ばれる行為。業者が注文を呑んだ以上、投資家の負けは業者の利益となり、投資家の勝ちは業者の負けとなってしまいます。

ndddd

注文方式が違うだけで、上記のように業者と投資家が全く違う関係性になるのです。

NDD方式とOTC(DD)方式って何が違うの?FXの注文方式の違いとは

スプレッドにも注文方式の違いが関わっている!

一般的なイメージとして、

  • 海外FX…スプレッドが広い
  • 国内FX…スプレッドが狭い

このようなイメージを持っていると思います。確かにその通りで、海外FX業者のほうがスプレッドは広め。

しかし、これは先ほど紹介した注文方式の違いが出ているから。

NDD方式を採用している海外FX業者はキャッシュポイントがスプレッドしかありません。だから、ある程度スプレッドを高く設定しないと採算が合わないのです。

一方、OTC方式を採用する国内FX業者のキャッシュポイントは投資家の負け分。注文を呑んで投資家が負けるように仲介のディーラーがあの手この手を尽くすので、スプレッドを狭くしても大きな利益を上げられます。

一見すると、国内FX業者の方が圧倒的にスプレッドが優秀な気がしますが、その裏には注文方式というカラクリがあったわけです。

ちなみに最近では海外FX業者の中にも、通貨ペアによっては国内FXと同等かそれ以上の水準でスプレッドを提供している業者もありますよ。

海外FXでは約定力を重要視!国内FXよりもサクサク約定!

約定力も海外FXと国内FXでは大きく異なります。実はこれにも注文方式が大きく関わっているのです。

NDD方式では上述したように投資家のオーダーは業者を素通りし、直接カバー先へと流れます。誰の介入も受けることなく、非常に透明性の高いフェアな取引を行えるということ。不自然なスリッページやリクオートも起こり得ません。

そのため、海外FX業者は約定力が高く、仲介も挟まないので非常にサクサクと約定します。

一方、投資家の負けが業者の利益になるOTC方式では、介入したディーラーがレートずらし・マリー(投資家同士の注文をぶつけ合って相殺)・リクオートを行います。結果として、約定力は低くなり、思い通りの取引ができなくなってしまうんですね。

海外FXで約定力の高さは当たり前!大幅なスリッページやリクオートの心配ナシ。

海外FXのMT4と国内FX独自の取引プラットフォーム、どっちが優秀?

海外FXと国内FXのトレードプラットフォームの違い

国内FX業者のほとんどが自社開発の取引プラットフォームを使用。業者ごとにプラットフォームが違うため、業者ごとにいちいち使用方法を覚える必要があります。

しかも自社開発のプラットフォームなので、その実態は真っ黒。OTC方式の国内FX業者と投資家は「利益相反」の関係にあるので、ストップ狩り・意図的なスリッページ・レートずらしなどが意図的に引き起こされていてもおかしくありません。

まさに国内FX独自の取引プラットフォームは「ブラックボックス」なのです。

一方、ほぼ全ての海外FX業者はMT4(MetaTrader4)という世界中のトレーダーから支持されている取引プラットフォームを採用しています。このMT4の使い方さえ覚えれば、MT4を採用している全ての業者を同じように楽しめるのもポイント。

MT4はロシアのメタクオーツ社が提供しているので、業者は自分たちで好きなようにいじることはできません。非常に透明性の高い取引が可能です。国内FX業者のプラットフォームが「ブラックボックス」なら、さしずめMT4は「クリアボックス」と言ったところでしょうか。

またMT4は取引ツールとして非常に優秀で、チャート機能やテクニカル分析機能も充実。自動売買(EA)にも対応しています。

アプリもあるので、スマホやタブレットにインストールしておけば外出先でもいつでも好きな時に取引を楽しめますよ。

取引環境以外の海外FXと国内FXの違いとは?

bonus

ここまで基本的に取引環境に関する海外・国内FXの違いを解説してきましたが、それ以外の面でも比較してみようと思います。

顧客資産の安全度では国内FXに軍配!

国内FXでは全業者に信託保全が義務化されました。よって、顧客の資産は業者が倒産しようと100%戻ってきます。

一方、海外FXでは分別管理は行われているものの、信託保全するかどうかは各業者の判断に任されています。そのため、独自の信託スキームを持つとコストが高くなってしまうので、分別管理で済ましている業者が多くなっているのが現状です。

分別管理しているというだけでは、100%顧客の資産が守られるとは限りません。最悪の場合、1円も戻ってこないことも。

顧客資産の安全性という面では、信託保全が義務化されている国内FXに分があると言えます。

海外FXでも信託保全をしている業者はある?

分別管理のみが基本の海外FX業者でも、入金額全額を信託保全している業者や「投資家保障基金(ICF)」に加盟して一部の資金だけを信託保全している業者があります

もし分別管理だけで不安だという方は、一部だけでも信託保全している業者を選ぶと良いでしょう。

信託保全の形式 監査機構
Axiory  入金額全額を信託保全  AUDIT Brno, spol. s r.o.
FXDD  2万ユーロまで信託保全  投資家保障基金(ICF)
XM(XEMarkets)  2万ユーロまで信託保全  投資家保障基金(ICF)
FXPro  2万ユーロまで信託保全  投資家保障基金(ICF)
Traders Trust  2万ユーロまで信託保全  投資家保障基金(ICF)

ボーナスの豪華さが魅力の海外FX!証拠金を増やしたい人へ!

取引環境以外の面で海外FXが国内FXよりも優れているのは「ボーナスの豪華さ」です。

例えば、海外FX業者の中でもダントツにボーナスが充実しているXMのボーナスを見てみましょう。

【例】XMのボーナス

  • 初回入金ボーナス…初回入金の50%(上限500ドル)
  • 追加入金ボーナス…追加入金額の20%(上限5,000ドル)
  • 口座開設ボーナス…口座開設で30ドルを付与

※初回入金と追加入金は併用可能

もしXMで新規口座開設し2,000ドル入金した場合は、

  • 口座開設ボーナスで30ドル
  • 初回入金ボーナスで1,000ドル
  • 追加入金ボーナスで200ドル

合計で1,230ドルものボーナスを得ることができる計算。なんとボーナスだけで資金が1.5倍以上になります。

このように海外FXは国内FXと比べてボーナスが豪華。国内だとせいぜい「キャッシュバック0円~10,000円」くらいですからね。

手持ちの資金は少ないけど、できるだけ多くの証拠金で取引を楽しみたいという方にはボーナス豊富な海外FXの方がオススメです。

海外FXはボーナスの豪華さが魅力!1番ボーナスが良い業者はどこ?

最大限取引を楽しみたいなら海外FX!資産の保持を考えるなら国内FX!

海外FXと国内FXをあらゆる角度から比較してみましたが、結局どちらの方が良いのか皆さんの中で決まりましたか?

まだ決まっていないという方に、選ぶ基準を管理人がお伝えしようと思います。

  • 海外FX…少ない資金で大胆な取引を最大限楽しみたい方、大きな利益を上げたい方
  • 国内FX…まとまった資産を少しずつ運用したい方、資産の安全性を重視する方

国内FXは資産の安全性や保持のし易さという面では海外FXよりも優れています。最大レバレッジ25倍までの制限や信託保全の義務化がありますからね。

そのため「まとまった資金を少しずつトレードに回したい!長期的にゆっくりと取引を楽しみたい!」という方は国内FXが向いているでしょう。

しかし、肝心のトレード環境に関しては、圧倒的に海外FXのほうが国内FXよりも優れています。

  • ハイレバレッジ
  • 注文方式
  • ゼロカットシステム
  • ボーナス

そのため「少ない資金で大きな利益を生み出したい!ハイレバでばんばんスキャルピングしたい!」というような方は海外FXのほうが向いています。

ゼロカットシステムがあるのでリスクが限定されている点、ボーナスで証拠金を増やせる点から考えても、取引の始めやすさも十分。

今現在国内FXをやっている方も、ぜひ一度実際に海外FXで取引をする価値は十分にありますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です