海外FX業者スプレッドランキング!主要通貨ペアで徹底比較!

海外FX

業者を選ぶ際に重要視しなければならないのがスプレッド。

スプレッドが狭ければ狭いほど1回あたりの取引コストを抑えられるので、それだけ利益を出しやすくなりますし、取引回数も気兼ねなく増やすことができます。

特にスキャルピングをメインのトレード手法にしている方にとっては、いかにスプレッドが狭い業者を選べるかどうかが最重要だと言っても過言ではないでしょう。

今回は当サイトで紹介している業者で、スプレッドを比較・ランク付けしました。スプレッドを重視するトレーダーの方はぜひ参考にしてみてください。

スプレッドランキング選定のルール!

  1. 完全にスプレッドのみで比較!その他のスペックは関係なし
  2. 口座タイプはスタンダード(STP口座)
  3. 比較は主要通貨ペアとする(マイナー通貨ペアの考慮なし)
  4. 変動スプレッド制の業者は平均スプレッドで比較する
  5. 通貨ペアのスプレッドごとに5段階(★5~1)で評価。(1位:★5、2位:★4、3位:★3、4位:★2、5位以下:★1)
  6. 全通貨ペアの得点を合算し、総合ランキングを決定する
  7. 同得点になった場合は、主要通貨ペアの平均スプレッドを算出して上位を決定する

スプレッドランキングを決定するルールとしては上記の通りとなります。

口座タイプに関してはSTP口座ECN口座の2タイプ用意している業者が多いですが、ECN口座ではスプレッドの他に取引手数料がかかるため、単純にスプレッドだけで比較しても意味がありません。そこで今回はECN口座は比較対象外としました。

★ECN口座のオススメが知りたい方はこちらから

海外FXのECN口座のオススメ業者は?そもそもECN取引って何?

海外FXスプレッド上位5業者の比較表!

LAND-FX TradersTrust TitanFX Axiory IFCMarkets
USD/JPY(米ドル/円) 0.8pips 1.3pips 1.4pips 1.3pips 1.8pips
EUR/JPY(ユーロ/円) 1.5pips 1.3pips 1.9pips 1.8pips 2.5pips
GBP/JPY(ポンド/円) 1.8pips 2.8pips 2.6pips 2.5pips 5.5pips
AUD/JPY(豪ドル/円) 1.6pips 1.9pips 1.6pips 1.9pips 3.5pips
EUR/USD(ユーロ/米ドル) 0.8pips 1.2pips 1.3pips 1.5pips 1.8pips
GBP/USD(ポンド/米ドル) 1.2pips 1.6pips 1.5pips 1.8pips 2.0pips
AUD/USD(豪ドル/米ドル) 0.9pips 1.5pips 1.6pips 1.8pips 2.0pips

上記の表が当サイトで紹介している海外FX業者でスプレッドが狭い上位5社と、各主要通貨ペア一覧となります。パッと見、どこの業者も海外FXでは非常に狭いスプレッドを提供しているのが分かりますね。

それでは気になるランキングのほうを見ていきましょう!

当サイト厳選スプレッドランキング!

1位 LAND-FX(ランドFX)

landfx-logo-top

スプレッド 点数
USD/JPY
(米ドル/円)
0.8pips
EUR/JPY
(ユーロ/円)
1.5pips
GBP/JPY
(ポンド/円)
1.8pips
AUD/JPY
(豪ドル/円)
1.6pips
EUR/USD
(ユーロ/米ドル)
0.8pips
GBP/USD
(ポンド/米ドル)
1.2pips
AUD/USD
(豪ドル/米ドル)
0.9pips
総合評価 ★34/35

なんとユーロ円を除く、全スプレッドで最も狭い値を記録しました。もはや国内FX業者と比べても遜色ないほどですね。

海外FX業者でLAND-FXよりも狭いスプレッドを提供している業者はありません。スプレッドを重視して業者選びをするのであれば、現状だとLAND-FX一択となるでしょう。

LAND-FXでは、この極狭スプレッドを最大限利用できるハイレバスキャルピングが最も適したトレード手法。

  • 最大500倍のレバレッジ
  • 海外FXで最もスピーディな約定力
  • ロスカット水準30%
  • ゼロカットシステム採用で追証なし

LAND-FXにはスプレッド以外にも、スキャルピングに適した取引環境が取り揃えられています。ぜひLAND-FXで取引コストを最大限に抑えつつ、ハイリターンを狙うハイレバスキャルピングを楽しんでみましょう!

ちなみに、管理人もハイレバスキャルする際にはLAND-FXをメインとして使用していますよ。

★管理人によるどのサイトよりも詳しいLAND-FXのレビューはこちらから

LAND-FX(ランドFX)の評判・スペック・特徴!極狭スプレッドでハイレバスキャルピングに最適!

LAND-FXの口座開設はこちらから

2位 Traders Trust(トレーダーズ トラスト)

traderstrustpicture

スプレッド 点数
USD/JPY
(米ドル/円)
1.3pips
EUR/JPY
(ユーロ/円)
1.3pips
GBP/JPY
(ポンド/円)
2.8pips
AUD/JPY
(豪ドル/円)
1.9pips
EUR/USD
(ユーロ/米ドル)
1.2pips
GBP/USD
(ポンド/米ドル)
1.6pips
AUD/USD
(豪ドル/米ドル)
1.5pips
総合評価 ★26/35

LAND-FXには及ばなかったものの、2位と非常に健闘したのが「Traders Trust」。

ポンド円を除き、非常にバランス良く高水準のスプレッドを提供しているのが分かると思います。特にユーロ円に関しては、LAND-FXよりも狭い値を記録していますよね。

「100%STP業者」を謳い、安全で透明性の高い取引が可能なのが特徴の業者なので、取引の透明性を重要視する方は口座開設を一考する価値アリです!

ただし、管理人的には2015年1月にリリースされたばかりのECN口座のほうがオススメ。ECN口座のスペックは海外FXでもトップクラスです。

★管理人によるどのサイトよりも詳しいTraders Trustのレビューはこちらから

Traders Trustの評判・特徴は?高水準のECN口座で顧客の最良パートナーへ!

Traders Trustの口座開設はこちらから

3位 TitanFX(タイタンFX)

titanfx-top

スプレッド 点数
USD/JPY
(米ドル/円)
1.4pips
EUR/JPY
(ユーロ/円)
1.9pips
GBP/JPY
(ポンド/円)
2.6pips
AUD/JPY
(豪ドル/円)
1.6pips
EUR/USD
(ユーロ/米ドル)
1.3pips
GBP/USD
(ポンド/米ドル)
1.5pips
AUD/USD
(豪ドル/米ドル)
1.6pips
総合評価 ★23/35

トップ3に食い込んできたのが、まだ運営歴は1年に満たないTitanFX

特に豪ドル円のスプレッドは最も狭い値で提供しています。その他もLAND-FXには及びませんが、比較的高水準。レバレッジ500倍×ロスカット水準20%で十分資金効率よくハイレバスキャルできます。

ただし、TitanFXにはゼロカットシステムが導入されておらず、追証が発生してしまう可能性があるので注意してください。そのため、重要指標発表時や要人発言、最近でいうギリシャ総選挙など大きな出来事の際に大きなポジションを持つのはかなり危険。世界のトレンドや市場の動きをある程度読める中級者~上級者の方でないと使いこなすのが難しい業者でしょう。

★管理人によるどのサイトよりも詳しいTitanFXのレビューはこちらから

TitanFX(タイタンFX)の評判・特徴は?優秀なECN口座を持つ海外FXの超新星!

TitanFXの口座開設はこちらから

4位 Axiory(アキシオリー)

axiory-top

スプレッド 点数
USD/JPY
(米ドル/円)
1.3pips
EUR/JPY
(ユーロ/円)
1.8pips
GBP/JPY
(ポンド/円)
2.5pips
AUD/JPY
(豪ドル/円)
1.9pips
EUR/USD
(ユーロ/米ドル)
1.5pips
GBP/USD
(ポンド/米ドル)
1.8pips
AUD/USD
(豪ドル/米ドル)
1.8pips
総合評価 ★21/35

残念ながらトップ3は逃してしまいましたが、僅差で4位につけたのが「Axiory」です。

完全NDDを特徴とし、提携先のLPを全て公開するなど企業の信頼性に定評があります。また、ユーザーのニーズを汲み取り、サービスに反映させるスピードも段違いです。2015年の10月にも大きなアップデートを行いました。

ただ、管理人的にはスタンダード口座よりもECN口座の「ナノスプレッド口座」がオススメ!

ECN口座なのでスプレッドが0.0pips~と極狭なのは当たり前ですが、取引手数料が3ドル/lotと非常に安いのが魅力的。結果としてトータルコストをかなり安く抑えることができます。

海外FXのECN口座の中でも最高と名高いので、ECN初心者の方でも利用しやすいですよ。

★管理人によるどのサイトよりも詳しいAxioryのレビューはこちらから

Axiory(アキシオリー)の評判・特徴は?完全NDDで顧客利益最大化を目指す!

Axioryの口座開設はこちらから

5位 IFCMarkets(アイエフシーマーケット)

ifc-top

スプレッド 点数
USD/JPY
(米ドル/円)
1.8pips
EUR/JPY
(ユーロ/円)
2.5pips
GBP/JPY
(ポンド/円)
5.5pips
AUD/JPY
(豪ドル/円)
3.5pips
EUR/USD
(ユーロ/米ドル)
1.8pips
GBP/USD
(ポンド/米ドル)
2.0pips
AUD/USD
(豪ドル/米ドル)
2.0pips
総合評価 ★10/35

一応、5位にランクインしたのが世界的金融グループが展開する老舗海外FXブローカーの「IFC Markets」。

ただし「一応」と付けたように、上位4社とのスプレッドとはかなり開きがあります。どちらかというとスプレッドは広め。順位の見た目以上に大きな壁があると思ってください。

しかも、IFCMarketsの注文方式は国内業者と同じOTC(DD)方式で固定スプレッド。更にはボーナスもありません。そう考えると、もっとスプレッドは狭くできるはずですが…。「呑み」行為で顧客の負け分だけでなく、スプレッドもキャッシュポイントにしているのは流石に許せません。

唯一良いところとしては、口座の預け金(証拠金)に年2%の金利がつくところ。金利目的で資産の預け先として考えるのであれば、口座開設するのはアリでしょう。

★管理人によるどのサイトよりも詳しいIFCMarketsのレビューはこちらから

IFCMarkets(IFCマーケット)の評判・特徴は?レバレッジ1000倍と年利2%は唯一無二!

IFCMarketsの口座開設はこちらから

スプレッド重視ならLAND-FXで快適ハイレバスキャルピングを楽しもう!

スプレッドランキングを作成しましたが、作成した際に「やっぱりスタンダード(STP)口座ではLAND-FXの牙城が高すぎる」という印象でした。

大きなポジションを持ってデイトレするなら話は別ですが、現状ではスキャルピングメインのトレーダーはLAND-FXを選択するのがベストでしょう。それくらいLAND-FXのスプレッドの狭さは2位以下の業者を引き離しています。

ぜひスプレッド極狭のLAND-FXで取引コストを最大限に抑えて、ばんばんハイレバスキャルピングを楽しみましょう!

LAND-FXの口座開設はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です