海外FXで大きく稼ぐなら窓開けトレード!一攫千金を狙う手法を徹底解説!

窓開けトレードファーストビュー

FXトレードでは週末はポジションを持ち越さないのが基本です。
詳しくは後述しますが為替は土日の間でも動くので、下手にポジションを保有していると思わぬ損失を出していることがあるからですね。

しかし、特定の状況下においては、週末でもポジションを保有したほうが稼げる手法があることをご存知でしたか?
それが海外FX業者ならではのハイレバレッジと追証なし「ゼロカットシステム」を利用した窓開けトレード

今回は勝率がかなり高い窓開けトレードの手法を徹底解説していきます。
FXで一攫千金を狙いたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも「窓」ってなんのこと?

窓とは金曜日のクローズ(終値)と月曜日のオープン(始値)が離れている場合に起こるものです。

窓とは

上の画像を見ると、終値と始値がポッカリと離れて空白になってしまっているのが分かりますよね。
この空白のことを「窓」、月曜のオープン時に窓が開いている状態のことを「窓開け」と呼びます。

どうして窓開けが発生するの?

一般的に日本を含めて、欧米諸国のほとんどのFX業者では土日のトレードができません。
加えてインターバンク市場も閉まるので、本来なら金曜のクローズと月曜のオープンの価格に大きな乖離は起こらないはずですよね。

しかし、土日が休みというのは日本や欧米諸国の話。
イスラム圏(中東バーレーン市場)では金曜日が休日で、日曜日は平日になっています。

土日中に要人発言や世界的に大きな出来事が起こると、イスラム圏では注文が大量に出されます。
結果として土日中にも為替レートが大きく動き、それが日本や欧米諸国の月曜のオープンタイミングで窓として表れるのです。

窓開けトレードが稼ぎ方の鉄板!誰でも簡単に勝てる!

FXでは上で説明した窓を利用すれば、かなり簡単に大きく勝つことが可能です。
専門的な知識や特別なインジケーターなどを使う必要はありません。本当に少しの知識だけで勝てます。

それが海外FX業者を利用した窓開けトレード

  • かなり少額の投資金から始められる
  • 勝つときは大きく稼げる
  • 負けてもリスクが限定されている

初心者の方でもほとんどリスクを負うことなく、少額の投資から始められるので非常にオススメです。

今回解説する手法は誇張でもなんでもなく、ほぼ9割勝てる手法です。

しかし、FXにおいて日常的に使えて100%勝てる手法など存在しません
そんなものがあるなら、FXで大きな借金を背負う方もいませんし、みんながみんなFXを始めるでしょう。

今回紹介する手法は、あくまで特定の状況下(多くて1年に数回)において大きく勝つためのものです。
気軽に少しずつ勝ちを積み重ねるものではなく、ワンチャンスで一攫千金を狙いにいきます。

窓開けトレードの概要と事前準備

窓開けトレードの仕組み

簡単にいうと、週明けに発生する窓開けを利用して大きく稼ぐ手法です。

  • 週明けに大きく窓が開くことが予想できること
  • FX業者の口座を2つ用意して両建てすること
  • 選ぶFX業者はハイレバ×追証なし×ロスカット水準低めの海外FX業者であること

前提として上3つの条件を満たしておく必要があります。
多額の証拠金を用意しろというわけではないので、誰でも簡単に満たせる条件だと思います。

窓開けが予想できるのが大前提!年に数回のエントリーポイントを見逃すな!

窓開けトレードの前提として、週明けに窓が開く確率が高いことを予想できなければ成立しません。

  • アメリカ大統領選挙
  • ギリシャ総選挙
  • スコットランド独立住民投票

例えば上記のような世界的に大きな出来事は突然開催されるわけではありません。開催される日程が決まっています

このような大きな出来事が土日に重なったときor金曜日に行われたときは、ほぼ確実に大きな窓開けが起こることが予想されます。

大きな窓開けが予想できるほど大きな出来事が、土日に重なること・金曜に行われることは年に数回あるかないか
絶好のエントリーポイントを逃がしてしまわないように、世界情勢はチェックしておくようにしましょう。

※今回の手法では両建てした片方の口座をゼロカットさせるほどの大きな窓が開く必要があります。頻繁に開く小さな窓(10pips~20pips)では、大きな負けはしませんがスプレッドぶん損するので注意しましょう。

FX口座は2つ用意すべし!両建てが勝利への方程式。

窓開けトレードでは、使用するFX業者を2つ用意しなければなりません。1業者だけではできないので注意しましょう。

その理由としては窓開けを狙って稼ぐには、2つの業者を使ってポジションを両建てしなければならないから。

具体的な流れについては後述しますが、簡単に説明しておくと…

  1. 金曜日のクローズ直前に「売り」と「買い」両方のポジションを持つ
  2. 週明けに窓開けが起きていたら、利益が出たほうのポジションを利確する

流れとしてはたったこれだけとなります。

用意する業者はハイレバ×追証なし×ロスカット水準低めの海外FX業者!

両建てのために用意する業者はどこでも良いというわけではありません。
確実に勝ちをもぎ取りにいくために最低限は選別する必要があります。

必ず守って欲しいのは国内FX業者ではなく、海外FX業者を2つ用意すること。
国内FX業者を選んでしまうと、窓開け狙いのトレードでは全く勝てなくなってしまいます。

海外FX業者の中でも、ハイレバレッジかつ追証なしのゼロカットシステムを採用しているところを選ぶのがポイントです。

またロスカット水準もなるべく低いところを選ぶべき。
せっかくポジションを持ったのに、ポジションを持った瞬間のわずかなノイズで狩られるのは避けたいですね。

  • ハイレバレッジ
  • 追証なし「ゼロカットシステム」
  • ロスカット水準低め

最低限この3つは確認しておきましょう。

海外FXの追証なし「ゼロカットシステム」で借金を背負う心配なし!

海外FX業者のロスカット水準比較!一攫千金狙いの人はどの業者がオススメ?

どうして海外FXじゃないとダメなの?両建てなら国内業者でもできるけど?

窓開けトレードで稼ぐための肝は「ゼロカットで損失を最小限(投資金のみ)に抑え、ハイレバで大きく稼ぐ」ことにあります。

両建てする以上、片方のポジションは確実に窓開け時に大きな損失をたたき出します。
同一通貨ペアで「売り」と「買い」のポジションを持っているのだから当たり前ですね。

このマイナス分がもう一方のプラス分を相殺してしまうようでは意味がありません
そうならないために、追証なしサービス「ゼロカットシステム」を採用している海外FX業者を利用します。

海外FX業者を利用していれば、ゼロカットシステムのおかげで失うお金は最大でも投資金のみ
国内FX業者のようにマイナス口座になることはありません。

また海外FXならではのハイレバレッジも大切です。
レバレッジが低すぎると、ゼロカットで損したぶんの投資金を大きく上回る利益を得ることができません。

窓開けトレードでは、ゼロカットされて失った投資金と利確の差がまるまる勝ちになります。
損するのは最大でも投資金のみとリスクが限定されているので、なるべく利益を伸ばせるようにハイレバをかけたほうが良いですよね。

窓開けトレードで最大限稼ぐにはハイレバ×ゼロカットの海外FX業者がもっとも適しているのが分かると思います。

窓開けトレードの具体的手法をチャートを使って徹底解説!

窓開けトレードの概要と事前準備をお伝えしましたが、あまりピンとこなかった方もいるでしょう。
そこで実際のチャートを参考にしながら、具体的な窓開けトレードの流れを解説していこうと思います。

参考:イギリスEU脱退(ブレグジット)国民投票後の窓開け狙い(2016年6月27日)

今回参考にするチャートは全世界を大きく揺るがしたイギリスのEU脱退(ブレグジット)を決める国民投票後の週末・週明けチャート。
国民投票とその開票は6月23日(木)~24日(金)に行われました。

ブレグジット後の大暴落

なんだかんだ残留派が多いだろうと、ポンドも買われ続け、その価格は160円前後まで上昇。
ところが、イギリスのEU離脱が確定した直後に2,400pips(24円)の大暴落を引き起こし、市場には阿鼻叫喚の嵐が巻き起こりました。

ちなみに、こういう相場が予想できるときはお祭り騒ぎになり、数多くのトレーダーが参加します。
上手くいけば、とてつもない利益を叩き出せますからね。1回のトレードで数百万以上稼ぐことだって不可能ではありません。

しかし、特に初心者の方が手を出すのはおすすめしません
このような相場は駆け引きも通用しないギャンブルです。プロのトレーダーですらほぼ負けます。
初心者の方が甘い目論見で手を出すと、逆に大敗してしまう可能性が高いのでやめておきましょう。

初心者が狙うのであれば、この後の窓開けです。
世界的に大きな出来事のあとでしたし、土日(6月25日~6月26日)の間にも相場が動くことは十分に予想できました。投票後に様々な世論が吹き荒れますから。

予想通りイギリスEU脱退(ブレグジット)国民投票後の週明けチャートでも大きな窓ができていたので、この窓開けを参考に解説していこうと思います。

手順1:窓開けトレードでのルール設定

「狙う通貨ペアはなにか?」
「用意できる証拠金はいくらか?」
「どれくらいのリターンが欲しいのか?」

最低限この3つを考えて、バランスよく自分の中のルールや狙いを設定します。

こういうことを事前に考えるクセをつけておくと、今後もっと戦略的にトレードを行うための力になっていきます。
初心者こそ感覚に頼らず、誰よりも戦略的な考え方をするようにしましょう。

  • 通貨ペア:ポンド円(GBP/JPY)
  • 証拠金:10万円(2業者使用するので合計20万円)
  • 狙う想定リターン:30~50万円

とりあえず、今回はこの設定で実際に窓開けトレードをやってみようと思います。

証拠金のわりに想定リターンを大きくしていますが、これは今回かなり大きな窓(100pips以上)ができると踏んでいたので「ま、30~50万くらいなら稼げるかな?」という予想です。

手順2:ハイレバ×追証なしの海外FX業者を2つ用意

次に実際に使用する海外FX業者を2つ用意しましょう。

ハイレバ×追証なしを満たしていれば、どの業者を使用しても構いません。
スキャルピングではなく、スイングトレードなのでスプレッドはあまり気にする必要はないです。

※ハイレバレッジの基準

レバレッジ倍率に関してですが、最大で400倍あれば十分です。

業者によっては400倍以上レバレッジをかけることも可能ですが、500倍~1,000倍になるとロスカット水準とのバランスがかなり難しくなります。

わずかなpipsで狩られてしまう可能性がありますからね。
とはいえ、400倍より少なくなると大きく稼ぐことも難しくなるので、管理人的には最大400倍でちょうど良いくらいだと思います。

もう1つ、ロスカット水準も低めの業者を選びましょう
せっかく月曜の窓開けを狙ってポジションを持つのに、土日の間に両方ロスカットされてしまっては意味がありません。

最低でもロスカット水準30%以下の業者を選ぶようにしておけば、そうそうわずかな変動で狩られてしまうことはないでしょう。

今回私が利用する海外FX業者は「XM」と「iFOREX」にしました。

xm-logo

iforex-logo

※XMは最大レバレッジ888倍・ロスカット水準20%、iFOREXは最大レバレッジ400倍・ロスカット水準0%

上の条件は全て満たしている上に、初回入金ボーナスで証拠金を増やせるのが理由です。

口座を解説したら、両方に証拠金10万円ずつ入金しておきましょう。

手順3:金曜日のクローズ直前にハイレバで両建てする

金曜日のクローズ直前に「買い」と「売り」両方のポジションを2つの口座に分けて持ちます。

金曜日クローズで両建て

※上の画像はポンド円の1分足のチャートです。

あまりに高すぎるレバレッジをかけてしまうと、ちょっとした変動で強制ロスカットされる可能性も高まります。
それだけは避けたいので、だいたいレバレッジ50倍~400倍くらいがちょうど良いくらいですかね。

目標が30~50万円のリターンなので、今回は少し大きめにレバレッジをかけてみようと思います。

今回はそれぞれ25万通貨ずつポジションを保有します。証拠金が10万円なので、だいたいレバレッジ300倍くらい。

ロスカット水準20%のXMだとざっくりした計算で36~7pips、ロスカット水準0%のiFOREXだと約40pipsまで耐えれます。

まぁ十分な耐え幅ですね。少なくとも多少の変動でロスカットされることはなさそうです。

  • XM…139.560で25万通貨「売り」
  • iFOREX…139.560で25万通貨「買い」

「買い」と「売り」どちらのポジションを持たせるかは、適当で良いと思います。

一度ポジションを保有したら、あとは何もすることはありません。月曜のオープンまでジッと待つのみです。

手順4:月曜日のオープンで利確する

イギリスのEU脱退国民選挙後のあと、様々な議論が世界中で交わされました。
国民投票が開封された金曜日はイスラム圏がお休みだったこともあり、土日のトレードも盛んに行われるだろうという予測もありました。

結果として、予想通り6月27日(月)のオープン時に「ポンド円」の相場には巨大な窓が発生
以下の画像をご覧ください。

月曜のオープンでの窓開け

※上の画像はポンド円の2分足のチャートです。

6月24日(金)のポンド円の終値は約139.600でしたが、6月27日(月)のオープンでは約137.230まで下落。
なんと233pipsもの巨大な窓が発生しているのが分かります。

これを受けて、海外FX業者の取引開始時間に即利確した時にどうなるのか計算してみましょう。

  • XM…139.560⇒137.230 約58万2,500円の利益
  • iFOREX…139.560⇒137.230 約58万2,500円の損失

XMでは純粋に約58万2,500円の利益が出るので、口座残高は「証拠金10万円+58万2,500円=68万2,500円」となりました。

iFOREXは約233pips逆行しているので、マイナス約58万2,500円の損失です。証拠金が10万円だったので、それを全体の損失から差し引くとマイナス48万2,500円。
つまり、本来なら約50万円の追証が発生するわけです。

しかし、iFOREXは追証なしゼロカットシステム採用しているので追証は帳消し。
口座残高はゼロへ戻ります。失ったお金は入金していた10万円のみです。

今回の窓開けトレードの結果は、XMで得た利益58万2,500円-iFOREXで失った証拠金10万円=約48万2,500円の勝ち!ということになりました。

※正確には、スプレッドを踏まえると数字は前後します。

30~50万円勝ちを目標として設定していたので、かなり予測通りに事が運びましたね。

もっとポジションを取れれば、もっと稼げるのが窓開けトレードの醍醐味!

今回の事例では約50万円ほどの利益を得ることができました。

しかし、管理人的には約233pipsほどの大きな窓が開いている相場だったので「本来ならもっと稼げたかな」という印象です。それこそ100万円オーバーの利益を出すことも可能でした

では、なぜ今回は50万円ほどの利益にとどまったかというと、証拠金が10万円では25万通貨のポジションを持つので限界だったからです。

当たり前ですが、もっと大きなポジションを持てれば、それだけ得られる利益も増えます。
いつもなら多額の証拠金でポジションを持つのは勇気がいることですが、今回のようなチャンスではもっと大きなポジションを持っても良いでしょう。

以下の表は今回の例で何枚ポジションを持てば、どれだけの利益を得られたのかを表したものです。

【最大レバレッジ400倍の海外FX業者、ポンド円140円で計算】

枚数 必要証拠金 利益 純利益
10万通貨 35,000円
(両建てで7万円)
23万3,000円 19万8,000円
20万通貨 70,000円
(両建てで14万円)
46万3,000円 39万3,000円
30万通貨 10万5,000円
(両建てで21万円)
69万9,000円 59万4,000円
40万通貨 14万円
(両建てで28万円)
93万2,000円 79万2,000円
50万通貨 17万5,000円
(両建てで35万円)
116万5,000円 99万円
100万通貨 35万円
(両建てで70万円)
233万円 198万円

※厳密にはスプレッドがあるので、数字が若干変化します。

両建てしなければならないので、最初に用意する証拠金こそ倍になりますが、そのぶんリターンも破格なのがよくわかっていただけると思います。

あまりこのようなチャンスが訪れないからこそ、チャンスをつかめる時には攻めるべきです。
大きな窓開けが起きそうな時だけ、大きく張って大きく稼ぐのも全然ありですよ。

今回のイギリスの国民投票はやり直しになるのではないか?という話もありますし、イギリスに続いてEU脱退の総選挙をやるべきだという気運が高まっている国もあります。

今後もっと大きな窓が開くチャンスも増えていくでしょう。
絶好のエントリーポイントを逃してしまわないように、常にアンテナを張っておくことが一攫千金を狙う秘訣です。

巨大な窓はなかなか開かない…。小さな窓のあとは「窓埋め」を狙え!

ここまで読んでくれた中には「いや、でも良くて年に数回しか狙えない手法じゃなぁ…」と思った方もいるでしょう。

最初に述べた通り、確かにこの手法は日常的には使えません。

週明けに10pips~20pipsほどの窓なら頻繁開きますが、10万円程度の証拠金では、窓開けトレードでなかなか利益をあげることは難しいです。
莫大な証拠金と400倍以上のハイレバレッジが必要になってきますから。

そのため小さな窓でこつこつ日常的に稼いでいきたい方は「窓開け」ではなく、「窓埋めトレード」のほうをおすすめします。
窓埋めトレードは週末にポジションを持つ必要はなく、窓開け以上に何も知識が必要ないトレード手法です。

週明けに窓が開くと、相場は窓が開く金曜日のクローズ時点の価格まで戻ろうとします
開いた窓を埋めるような動きをすることから「窓埋め」と呼ばれているんですね。

これを利用して週明けのオープンで窓が開いたほうとは逆にポジションを持つことで、簡単に利益を出すことができます。

窓埋めが起こる確率は9割オーバーとされており、ほぼ確実に勝てる窓開けトレードよりは若干低いですが、そもそもほとんどが負けゲームのFXにおいて9割を超える勝率の手法は他にありません。

窓開けほど大きく勝てるわけではありませんが、少しでも勝ちを積み重ねていきたいトレーダーは、ぜひ窓埋めトレードを試してみてください。

⇒窓埋めの内部リンク

FX初心者でも簡単な窓開けトレードで堅実に勝ちを積み重ねよう!

今回紹介した窓開けトレードは、毎日できるものではありません。
エントリーも週末のクローズに限られていますし、窓が大きく開くようなタイミングもそうそう訪れません。

しかし、少ない回数であっても確実に勝ちにつながるエントリーポイントを逃さないことがFXでは重要
基本的には損切りゲーム、負けることが前提なわけなので、絶対に勝てるところを見逃すのは勿体ないです。

ぜひ世の中の情報に誰よりも敏感になって、最高の窓開けタイミングで最高の利益を叩き出してくださいね。

今回使用した海外FX業者はこちら

XM(エックスエム)

xm-logo

  • 最大レバレッジ888倍
  • 初回入金ボーナス100%&口座開設ボーナス30ドル
  • オーダー執行率100%
  • 追証なしゼロカットシステム採用
  • 10を超えるライセンスを持つ世界に認められた超優良海外FX業者
  • 管理人もメインで使用

XMの口座開設はこちらから

【画像付き】XMの口座開設方法はこちら

iFOREX(アイフォレックス)

iforex-logo

  • 最大レバレッジ400倍
  • 初回入金ボーナス100%
  • 追証なしゼロカットシステム採用
  • 驚異のロスカット水準0%
  • 20年の運営実績を持つ海外FX業者の老舗
  • フルレバ一攫千金を狙うならダントツおすすめ

iFOREXの口座開設はこちらから

【画像付き】iFOREXの口座開設方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です